2006年08月28日

玉島北中学校の授業にタマシマン登場!

8/28、北中学校1年2組の課外授業「地域と学ぶ」の題材でタマシマンを生徒が取材するという授業が行われました。
登場したのは、玉島JC往田理事長、タマシマン(JCメンバー難波朋裕)、ヒマシマン(JCメンバー沼本浩彰)、ジャマシマン(JCメンバー○△□?)、玉島テレビの二宮さん。
彼らに玉島北中の生徒からいろいろな質問が投げかけられました。

「なぜタマシマンを作ったのですか?」
ん〜、いい質問ですね〜
環境をきれいにしよう!とか、ファミリーコンサートの開催!とか、玉島まつりで子供たちに楽しんでいい思い出づくりを!などなど・・
まぁ、玉島JCの活動とともに地域にむけてのメッセージを「タマシマン」という子供たちにもなじめるキャラを使い、玉島テレビさんを媒体として伝えようとしているんですね〜。

こんな質問も・・
「制作費はいくらかかるのですか?」
なかなかシビアな質問です・・。
「衣装やテーマソングは誰が作っているのですか?」
JCメンバーが作っています。
テーマ曲などは、玉島JC-OB(昨年まで現役)の藤井先輩が作ってま〜す。

さらには・・
「ジャマシマンはどこから来たの?」
おっと、ジャマシマンどう答える!
「俺様はな〜宇宙から来たんだ!」
・・初めて聞く真実・・。

「どうやって、ジャマシマンになったの?」
さぁ、どう答える!
「それはな〜・・・
 『ちょっとやってほしいことがあるんだけど・・』『いや、簡単だから、すぐ終わるし・・』みたいなことを言われ、ジャマシマンになったんだが、人気が出てやめられない・・」
なんと、ふつ〜に答えてるじゃん・・。

すると生徒から、
「さっき、宇宙から来たっていったけど・・」
ん〜中学1年生スルドイっ!
「ん、だからなぁ、人間だったんだが宇宙に行ってジャマシマンになって再び戻ってきたんだ!」
ジャマシマン苦しい・・・
もうそれ以上、質問しないで・・

そもそも、なぜ学校の授業にタマシマンが呼ばれたのか?
逆に生徒さんに質問してみました。
すると・・
「『地域と学ぶ』という授業を考えるときに『地域に密着しているもの』って何だろう?と考えたときに、タマシマンは玉島で人気があって、みんなを楽しませてくれているので題材として選びました。」
なんとうれしい言葉!
JC活動は「地域密着」が基本。
それを生徒たちが認識してくれているということがうれしいじゃありませんか。
こういう言葉に我々は元気が出ますね!

最後には・・
「僕たちもタマシマンに出演したり、ストーリーを考えたりできますか?」
大歓迎です!
何かいいアイデアが思いついたら、どんどんこのブログに書き込んでくださいね!
みんなで作っていきましょう!

玉島北中学校のみんな楽しかったよ!

kitachu1.jpgkitachu2.jpgkitashu3.jpg
posted by スマシマン at 16:55| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

cinquanti鑪e cadeau de b稱llon
Excerpt: <a href="http://338.qokertyhas.info/">pr黎 d'馗ole priv馥</a> <a href="http://948.qokertyhas.info/">billet en ligne de vente de ligne a駻ienne</a> <a href="http://3996.qokertyhas.info/">h?el de dallas le texas</a> <a href="http://70.qokertyhas.info/">long soin de..</a>
Weblog: cinquanti鑪e cadeau de b稱llon
Tracked: 2006-08-28 18:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。